ギヨン管症候群と整体・鍼灸

手首から先にしびれや痛みなどの障害がおこるとき、小指と、薬指の小指側半分だけが、独立して症状がおこり、ほかの指は何ら変わりなく無事、という症状の特徴があらわれることがあります。

これは、指を動かすための神経が枝別れして、一方は小指と薬指に繋がる、掌の小指側にあるギヨン管という空間を通り、もう一方は、親指側の掌の付け根にある舟上骨と、大菱形骨、小指側の掌にある、豆状骨や 有鉤骨、この二つの骨のグループに靭帯で橋渡しをしてできたチューブ状の空間、手根管をとおっていることによります。

つまり、ギヨン官側に障害が起きれば、小指と薬指に障害がおこり、手根官側に障害が起これば、その他の指に障害がおこるということです。

ギヨン管を通っている神経を尺骨神経、手根管を通っている神経を、正中神経といいます。

ギヨン管症候群とよく似た症状を引き起こす疾病に、肘部管症候群がありますが、これはギヨン管を通る神経が、ギヨン管周辺では問題がないものの、より上流にさかのぼってみると、その神経が肘の内側にある肘部管で
圧迫されている場合をいいます。

肘部管症候群はギヨン管そのものも含めた、手首のやや下から小指、薬指の掌側、手の甲側と広範囲にわたってしびれ、痛み、麻痺などの症状があらわれてくるのに対し、ギヨン管症候群は、ギヨン管より末端側の、小指と薬指の掌側の狭い範囲に症状は限られますので、区別が可能です。

さて、ギヨン管症候群の原因ですが、いったいギヨン管周辺の何が、尺骨神経を圧迫しているのでしょうか。

それは一つには、転倒して地面に手をつくなどして起こった皮下出血、そしてもう一つが、ガングリオンによるものです。

ガングリオンとは、関節の周囲に、関節液や滑液がたまってできる一種の腫瘍です。

ギヨン管症候群の厄介なことは、しびれの規模が少ないので自覚することがむずかしい場合があり、これを放置した結果、小指と薬指に廃用性萎縮を起こすことがあるということです。

実は握力というのは年齢に相関して衰えやすい部位ではなく、もし小指や薬指にうまく力が入らないことが認められた場合、年齢による衰えであると決めつけずに、また手のひらの、あるいは手の指の痩せが見られたら、
神経の障害を疑うという癖をつけて下さい。

皮下出血による圧迫からギヨン管症候群を誘発することもあることから、
手をぶつけたりした後にしびれが残った場合にも、迷わず専門の治療院に行きましょう。

ギヨン管症候群の症状の緩和、回復の補助、そして予防には、次のストレッチが効果をもたらします。

まず、「いただきます。」と食事の前に合掌するときのように、手首をそらせて体の前にかざし、その手の指先をもう片方の手でつかんで、自分の体の方に引っ張ります。

これで、ギヨン管が通っている、手のひらの小指、薬指の周辺がほどよくストレッチされるのを感じられるはずです。

肘や手首の障害を共通して予防する手段が、ストレッチとエクササイズであるといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新松戸三丁目整体院

新松戸三丁目整体院

住所
〒270-0034
千葉県松戸市新松戸3-89-2グリーンバードはっとり103号
交通
JR常磐線・武蔵野線 新松戸駅から徒歩10分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

047-710-3189

\土日祝も営業!/(定休日:無し)

12月は1(金)7(木)12(火)21(木)26(火)31(日)を休業させていただきます。

営業時間
9:00〜21:00

※火・木(◎)は17:00まで、土(△)は16:00まで

  • ■ 当院は予約優先制です。
    初めての方は事前にご予約のうえご来院ください。