お尻(お尻の先)の骨、尾てい骨が痛いという方へ

こんにちは。

新松戸 三丁目整体院 佐伯です。

腰痛でお困りの方に、お尻・尾てい骨に痛みが走る、鈍痛がある、という方がいます。
仰向けで眠れない、硬い椅子に座れない、動き始めに尾てい骨に痛みが走る等、様々。

特に、妊娠や出産が原因、という方に多くみられます。

出産後、骨盤が大きく歪みます。
腰痛、尾てい骨に痛みが出ていても、忙しすぎて治療に行けない。
結局その場をやり過ごす。
始まる赤ちゃんのお世話。これが大変!!
軟らかいソファーでの授乳や、子供の視線に合わせた日常生活になります。
今までイスの生活だったのに、床の生活に変わります。
地べたに座ったり、体育座りをしたり。

同じ布団で赤ちゃんと一緒に寝る。
そして、お母さん寝返りが打てない。

ずっと抱いていないと泣いてしまう赤ちゃんもいます。
重い赤ちゃんを抱いて、肩も腰も悲鳴を上げます。

出産したばかりで体力もないのに、お母さんは本当に大変です。
お疲れ様です!!!

長時間、同じ体勢というのは身体に大きな負担がかかります。
これらは全て、尾てい骨の痛みの原因となります。

尾てい骨はお尻の先っぽの部分です。
細い骨で構成されていますので、容易に歪みます。
特に女性は筋肉量が男性に比べて少なく、男性が出来ない(こともないけど)お姉さん座りができてしまいますよね。
これもよくありません。

出産後だけでなく、妊娠中にも痛みを訴える人はいます。

おなかの赤ちゃんが少しずつ大きくなっていきます。
それと同時に骨盤も開いていきます。
そうなると筋肉(骨盤底筋群、腹筋、お尻(梨状筋)の筋肉、他)も緩んできます。

骨盤底筋は骨盤の底にあって、内臓を支えている筋肉です。
この筋肉が緩むと尿漏れを起こしたりします。
妊娠中や出産後も尿漏れに悩まされていた人は、もともと骨盤底筋が弱っていた、骨盤が歪んでいた、という可能性があります。
骨盤が歪み、尾てい骨が正しい位置にない場合、痛みが出現するということです。

ならばどうするか。

骨盤。尾てい骨を正しい位置に戻せばいいだけです。
それで痛みは軽減していきます。

産後すぐにケアされると、症状の改善も早いです。
なかなか治療に行けないという方は、ご自宅で骨盤底筋群を鍛えるトレーニングを!

仰向けの姿勢になり、膝を立てます。
腰痛があっても、膝を立てれば痛みはそれほど気にならないと思います。
足は肩幅に開きます。
リラックスして、大きく深呼吸。
次に、肛門と膣を締め、締めたままゆっくり5つ数えます。
最初はこれを1~3回、行ってみて下さい。
慣れてくると5つ以上数えられますし、3回以上出来るようになります。
出来るようになったら、回数を増やしていってください。
寝起きや就寝時にお布団の中でできますよ。

それも難しい方は、トイレで用を足した後(ないし途中で)、お尻と膣を締めてください。きゅーっと上に引っ張り上げる感じです。

骨盤底筋群を鍛えるだけでも痛みが変わってくると思います。
姿勢も良くなるし、ポッコリお腹も解消されますよ!

症状について詳しくはこちら

尾骨の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新松戸三丁目整体院

新松戸三丁目整体院

住所
〒270-0034
千葉県松戸市新松戸3-89-2グリーンバードはっとり103号
交通
JR常磐線・武蔵野線 新松戸駅から徒歩10分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

047-710-3189

\土日祝も営業!/(定休日:無し)

12月は1(金)7(木)12(火)21(木)26(火)31(日)を休業させていただきます。

営業時間
9:00〜21:00

※火・木(◎)は17:00まで、土(△)は16:00まで

  • ■ 当院は予約優先制です。
    初めての方は事前にご予約のうえご来院ください。