生理痛に伴う腰痛でお悩みの方へ

こんにちは。

新松戸 三丁目整体院 佐伯です。

今日は生理に伴う腰痛についてお話したいと思います。

立っていられないほどの痛み、重だるい腰痛でお悩みの方、結構いらっしゃると思います。

普段、腰痛は気にならないのになあ…という方も、生理前から生理中の時にだけ腰痛に悩まされるという方も多いのではないでしょうか。

生理時の腰痛の原因に挙げられるのは、
骨盤の歪み
ホルモンバランス
血行不良
ストレス
冷え等
が考えられます。

生理期になると、出血を促すために骨盤が少しずつ開きます。
その際、骨盤を開きやすくするためにリラキシンというホルモンが分泌されます。
リラキシンとは、卵巣ホルモンの一種で、関節を緩める働きをします。
リラキシンが関節や筋肉へ波及するため、生理前から腰痛の症状が起こると考えられています。

また、生理痛のもととなるプロスタグランジンの過剰分泌も、1つの要因です。
プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きをします。そして、子宮内膜がはがれるときの出血をスムースにさせます。
プロスタグランジンが過剰に分泌すると、子宮の収縮が強くなり、ひどいと陣痛に似た激しい痛みで苦しみます。
悲しいかな、このプロスタグランジンには、痛みが強くなるという一面を持っているのです。
頭痛、肩こり、吐き気の原因にもなります。
血行不良による骨盤内のうっ血にも関連し、腰痛を引き起こす、という事になってしまうのです。

そして、骨盤の歪みが起因の生理時腰痛です。
骨盤が歪んでいるだけで腰痛になると誰もが想像つきますが、生理時の腹痛や頭痛にも影響を及ぼします。
まず、骨盤が歪むと子宮の位置がずれます。
ずれるとどうなるか。
血行不良が起こります。生理不順になったり、経血量が極端に増えたり減ったりします。
月経前に気分が落ち込んだり、イライラしたり頭痛になったりするPSPがひどくなったり、生理痛が重くなったりします。

骨盤の歪みを侮るなかれ!!
日常生活の中で出来る限り身体を温め、リラックスし、
そして骨盤から、体全体のバランスを整え、生理痛、生理痛に伴う腰痛に備えましょう。
症状は軽くなっていきますよ。

症状について詳しくはこちら

生理痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新松戸三丁目整体院

新松戸三丁目整体院

住所
〒270-0034
千葉県松戸市新松戸3-89-2グリーンバードはっとり103号
交通
JR常磐線・武蔵野線 新松戸駅から徒歩10分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

047-710-3189

\土日祝も営業!/(定休日:無し)

12月は1(金)7(木)12(火)21(木)26(火)31(日)を休業させていただきます。

営業時間
9:00〜21:00

※火・木(◎)は17:00まで、土(△)は16:00まで

  • ■ 当院は予約優先制です。
    初めての方は事前にご予約のうえご来院ください。