ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

tekubi

ドケルバン病とは

母指(親指)を伸ばすと,手背側の親指から手首(手関節)にかけての部分に2本の腱が浮かび上がります。

この2本の腱を短母指伸筋腱と長母指外転筋腱といいます。

ドケルバン病はその2本の腱が、手背第一コンパートメントという靭帯性腱鞘を通る時に生じる圧迫と、摩擦により炎症が起こり腱鞘炎に至ったものです。

手関節周辺で最も頻度が高い腱鞘炎です。

症状

手首の母指側に圧痛があり、腫れます。

母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

特徴

スポーツなどでの手の使いすぎや、事務などのPCでの作業など指を良く使う仕事の人に多いのが特徴です。

妊産婦さんや更年期の女性に多く生じます。

スマートフォンの使い過ぎで痛めてしまうこともあります。

診断

母指を握って小指側に手首を倒したときに痛みが強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト)。

整形外科での処置

  • 消炎鎮痛剤の投与
  • 装具などでの固定
  • 低周波などの物理療法
  • ステロイドなどの注射
  • 手術

ななつほしの施術方針

ななつほしでは、ドケルバン病は姿勢が原因だと考えています。

姿勢というと漠然としてしまいますね。

体が前後左右に傾いていたり、立っているとそうでもないけど、すわると酷い猫背になってしまったり・・・

骨格・年齢・既往歴・職業・スポーツ歴・出産歴・・・色々な経験からそのような姿勢を作っています。

そんな姿勢が原因となって腱鞘にストレスを与え、疲労物質が蓄積して痛みやシビレを引き起こしてしまいます。

重いものを持つからしょうがない・・・

手先を使う仕事だから仕方ない・・・・

と思っていませんか?

仕事や指の酷使だけが悪いわけではないのです。

同じ姿勢を取り続けることで同じ筋肉が使われて、本来その筋肉と拮抗する働きのある筋肉が使われていないことが問題なんです。

例えば長時間PC操作をすることで、指を曲げるときに使う筋肉は緊張して疲労し、指を伸ばすときに使う筋肉が弱くなりバランスを崩しているのです。

こうした姿勢にアプローチしないで、痛むところにシップをしたりマッサージをしてもすぐに戻ってしまうか、効果がありません。

ななつほしでのドケルバン病の施術方法

さいたま市ではななつほしだけで受けられます!

ななつほしではドケルバン病の施術は指先に刺激を入れることから行います。

指先の主に虫様筋という筋肉には重心バランスに働くレセプターが多く存在しているからです。

このレセプターを刺激することで、重心バランスが整いふらつきを抑えます。

これにより、体を支えようとして過度に緊張していた筋肉の緊張がほぐれていきます

このように全身にあるポイントをチェックしながら施術していきます。

緊張の強い筋肉は筋膜リリースなどの技術を用いて緩めて、細く弱くなってしまった筋肉には緊張を与えてバランスを整えます。

ポイントとなる関節の前後左右それぞれの筋肉のバランスを調整した後に、オステオパシーという技術を用いて骨格を矯正することで、その時の姿勢が改善するだけでなく維持できるようになっていきます

よく骨盤の歪みと書いてありますが、歪みを取るだけでは2~3歩踏み出せば崩れてしまいます。

骨格だけではなく、姿勢を保持できるように筋肉のバランスを調整することが重要です。

では、なぜ当院の施術でドケルバン病が改善するのか?

ななつほしでは一人ひとりに合わせたオーダーメイドの施術をしています。

生活習慣・年齢・既往歴・職歴・スポーツ歴・体格などその姿勢になっている原因はそれぞれ違います。

例えば同じドケルバン病の方でも、

デスクワーカーの方

更年期の方

育児中の方

によって施術ポイントは異なってきます。

ななつほしでは全身にあるポイントをチェックすることで根本的な原因を逃さずに処置していきます。

ポイントとなる関節の可動域を検査して、緊張の強い筋肉や使われていない筋肉を見つけ、バランスを整えることで関節の動きをスムーズにしていきます。

硬く緊張した筋肉は血流などの流れが弱く、疲労物質などの痛みやシビレの原因となる老廃物がたまっています。

硬く緊張した筋肉に柔軟性を取り戻し、本来の姿勢で動けるように調整することで老廃物が流れて疲労が回復します。

姿勢を維持するために必要なのに、あまり使われず細く痩せてしまった筋肉には緊張を与え、筋力をつけるようにしていきます。

このように ドケルバン病の原因である姿勢にアプローチすることで

  1. 姿勢保持に必要な筋肉がバランスよく働くようになるので、姿勢が改善し疲労が回復する。
  2. 筋肉の疲労をとり血液の循環を良くすることで疲労物質が流れ、痛みやシビレが改善する。
  3. 痛みのためにあきらめていたことが出来るようになる。

ななつほしでは、この3つをお客様との二人三脚で行います。

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和整体院ななつほし

浦和整体院ななつほし

住所
〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町4-14エソ-ルビル3-101
交通
浦和駅から徒歩5分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

048-762-6246

土曜日の電話受付時間は17時までです。

営業時間
9:00〜20:00 × ×
  • ■ 当院は予約優先制です。
    初めての方は事前にご予約のうえご来院ください。