なぜ逆子になるのか?

こんにちは。
新松戸 三丁目整体院 佐伯です。

最近、出産後の骨盤矯正や、妊娠の患者さんが多いので、今日は逆子のお話をしようかと思います。

うちの奥さんもしばらく逆子の時期がありました。
うちにはこどもが二人おりますが、二人とも逆子でした。
私の治療のお蔭で(?)くるっと回ってくれて、頭から出てきてくれました。
二人とも。
まあ、うちの奥さんも自宅でお灸をすえていましたが…

それはさておき、

何で逆子になってしまうかをお話ししましょうか。

これ、

実は、

ちゃんとわかってないです!!!

でも、

これかな~~みたいのは何個かあるんですよ。
羊水が少なかったり、へその緒が巻きついていたり、赤ちゃんがビッグサイズ!だったり、というのもありますが。
あと、子宮筋腫、前置胎盤、子宮の形状異常などはまた別として。

赤ちゃんは頭が大きくてお尻が大きいですよね。
通常、子宮の形はというと、子宮腔は子宮口の方が小さくなる卵型です。
風船が膨らんだ形に、すっぽり赤ちゃんが頭を下にしておさまる。
おお~~。赤ちゃんも自然と居心地がいい。と言うことになります。

だがこれが、さかさまになってしまう…

なんでか。

まず1つめに… 『低体温』。
最近、平熱が35度代の女性の方、多いですよね。
これ自体、とってもよくない事なんです。
とにかく、赤ちゃんの居心地が悪い。
ママの体が低体温だと、お腹も同時に冷えています。
赤ちゃんは自分の脳、頭を守るために心臓に近い方へと頭を向けるという説があります。

次に、『子宮に弾力がない』 。
これ、冷えてもなります。
妊娠中に適度に(無理なく!!)体を動かさないと、子宮が固くなってしまい、赤ちゃんが動きにくいとも言われますが、妊娠が分かった時から、切迫早産で入院される方もいますからねえ。
出来れば、日頃から軽い運動やストレッチをされて、柔軟な体、体力をつけておきたいですよね。
妊娠中もつらいですが、産まれてからも、我が子に思いっきり体力持って行かれますからね。

あとは、『ママのストレス』。
ストレスってね~~。
怖いですよ~。
これでむくんだりしますからね。
東洋で言う、気の滞りってやつです。
だってママがストレス感じてたら、赤ちゃんにも栄養いかないでしょう!?
ママの周りの方!!
とにかく彼女のストレスの原因を作らないであげて!
出来るだけ助けてあげてください。
そんなことを言ってもなかなか難しいところです~…という声も聞こえてきそうですが。
妊娠中は特に気分の浮き沈みが激しいです。
情緒不安定になりますよね。
でも大丈夫!
赤ちゃんもママの笑顔見たがってますよ!
赤ちゃんを守るのはママさんです!!
赤ちゃんのためにも、少々わがままさせてもらって、ゆっくり休んで、そして冷やさずに!!!

症状について詳しくはこちら

逆子(骨盤位)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新松戸三丁目整体院

新松戸三丁目整体院

住所
〒270-0034
千葉県松戸市新松戸3-89-2グリーンバードはっとり103号
交通
JR常磐線・武蔵野線 新松戸駅から徒歩10分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

047-710-3189

\土日祝も営業!/(定休日:無し)

12月は1(金)7(木)12(火)21(木)26(火)31(日)を休業させていただきます。

営業時間
9:00〜21:00

※火・木(◎)は17:00まで、土(△)は16:00まで

  • ■ 当院は予約優先制です。
    初めての方は事前にご予約のうえご来院ください。