変形性腰椎症(腰部変形性脊椎症)

変形性脊椎症とは?

 背骨(脊椎)の骨の一個一個を椎体と言います。

この椎体と椎体との間にはさまっていてクッションの役目をしている椎間板が、加齢により薄くなったり椎体の端が骨棘などの変形してきたものを、変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)といいます。

椎体と椎間板の老化によっておこるもので、変形性関節症と同類の病気です。

変形性脊椎症の多くは腰部におこりこれを、腰部変形性脊椎症または変形性腰椎症といいます。

結果、腰椎(ようつい)の不安定性が生じる。

変形そのものは痛みの原因にはなりませんが、変性に伴う不安定性をかばおうと周囲の筋や関節部に負担が増し、筋や関節に疲労が蓄積して痛みを起こす原因となります。

また、椎間孔などの神経が出入りする骨の穴に骨棘(こつきょく)ができ、そのトゲが神経に触ると、坐骨神経痛などの神経痛の原因となります。

症状

  • 特徴的な痛みとして、腰から臀部(でんぶ)(おしり)にかけての広い範囲に感じ、手のひらをあてて痛む範囲を示せても、指で示すことはできない
  • だるい、重い、鈍く痛むなどの腰の症状が中心
  • 骨棘(こつきょく)の形成や椎間板(ついかんばん)の膨隆が高度になると足の痛み、シビレ、運動障害(うまく動かせない)や自律神経障害(冷えやほてり)がおこってくる。
  • 腰部変形性脊椎症がおこっても無症状で、別件で腰のX線写真をとって見つかることもある。

検査

X線→椎間板変性(ついかんばんへんせい)、骨棘形成(こつきょくけいせい)がみられる。

整形外科での処置

  • 消炎鎮痛剤(痛みどめや筋弛緩剤などの飲み薬や湿布)の処方
  • 温熱療法
  • 電気療法
  • 運動療法
  • コルセットなどの外固定

ななつほしの施術

変形性脊椎症では変形に伴う腰椎(ようつい)の不安定性を支えるために筋肉が硬直し、血液循環が悪くなり、老廃物がたまり、神経を圧迫し痛みを起こします。

ななつほしでは、整体により重力バランスを整え過剰な筋肉の緊張をとり、弱っている筋肉は力を発揮できるように矯正していきます。

姿勢を改善させることで関節の運動性を高め、血液循環を整えて症状の改善を図ります。

また、血液循環が良好な部位は老化による変性が起こりづらいので、定期的な施術は変形の進行予防にもつながります。

変形性脊椎症の場合、普段の姿勢が患部に負荷をかけ続けて発症していきます。

体についている癖を改善することにより、施術効果が高まります。

軟骨は痛みを感じない?

50代以上の膝や腰の痛みでお悩みの方が整形外科に行くと、「軟骨が擦り減っているから」と言われることが多いです。

その半面、膝がひどく変形して動かすとジャリジャリ音がするのに痛みを感じていない方もいます。

つまり軟骨には痛みを感じる神経はなく、擦り減っても痛みは感じないのです!

では、痛みの原因は?

ある程度の年齢をいくと、軟骨は擦り減ってきます。でも、上記でもお伝えしたようにこの段階では痛みは起こりません。

関節を支える力が弱くなると体重や運動時の負荷に耐えられなくなり、関節周囲の筋肉が硬くこわばり血流も阻害して発痛物質が溜まっていきます。

偏った筋肉のバランスを整えて、姿勢を改善させて関節の運動性・筋血流量を高めていく必要があるのです。

ななつほしでは整形外科で「軟骨が擦り減っている」と言われた患者様を何人も改善してきています。

整形外科に通ってもなかなか良くならない方、ぜひ一度ななつほしの施術を受けてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和整体院 ななつほし

浦和整体院 ななつほし

住所
〒330-0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町4-14エソ-ルビル3-101
交通
浦和駅から徒歩5分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

048-762-6246

8/17(土)は17時までの受付になります。

営業時間
9:00〜20:00 × ×
  • ■ 当院は予約優先制です。
    初めての方は事前にご予約のうえご来院ください。