妊娠中に腰痛でお困りの方へ

こんにちは。

新松戸 三丁目整体院 佐伯です。

今回は妊婦さんに多い腰痛についてのお話です。

新松戸 三丁目整体院にいらっしゃる妊婦さんの代表的な症状に腰痛があります。

立っていると痛い、横になるのも痛い、痛みで寝返りも打てないと、お悩みの妊婦さんが多くいらっしゃいます。

妊娠週数が進むにつれて痛みが増すこともあるので、なるべくお早目にご自身にあったケアをすることが大切です。

「妊娠中の腰痛」の原因はいくつかありますが、妊娠により変化する女性ホルモンと体型が主な原因と言われています。

女性ホルモンの影響による腰痛

妊娠3カ月ごろになると、卵巣ホルモンの一種であるリラキシンというホルモンが分泌され始めます。

このホルモンは、全身の関節を緩める作用があります。

リラキシンの働きによって骨盤の恥骨結合という部分が緩められることによって、赤ちゃんが狭い産道を通ることができるのです。

しかし、出産前はリラキシンの作用によって関節が緩むことで普段通りに身体を支えられずに腰に負担がかかってしまうのです。

妊娠前から腰痛で悩んでいた人は、妊娠することで更に症状が重くなる可能性があります。

またリラキシンは生理前にも分泌されていますので、月経前症候群(PMS)で腰痛がある妊婦さんは妊娠期に腰痛を訴えやすいという特徴があります。

体型が変化することで起こる腰痛

妊娠してお腹が大きくなり、10㎏前後体重が増加していくなかで体型が変化していきます。
大きくなったお腹に引っ張られて重心が前方に移動し、お腹を支えるために腰や背中の筋肉の負担が増していきます。

さらに、運動を控えたりすることなどが原因で身体全体の筋肉が衰え、正しい姿勢を保つことが難しくなっていきます。

まずは、姿勢に気をつけましょう。骨盤ベルトやさらしなどで骨盤を保護して、軽いストレッチを取り入れていくといいですよ。

新松戸 三丁目整体院では整体や鍼灸である程度症状が落ち着いた方に、自分でできる骨盤の調整法をお伝えしています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新松戸三丁目整体院

新松戸三丁目整体院

住所
〒270-0034
千葉県松戸市新松戸3-89-2グリーンバードはっとり103号
交通
JR常磐線・武蔵野線 新松戸駅から徒歩10分
TEL

お問い合わせ、ご相談はお気軽にお電話ください

047-710-3189

\土日祝も営業!/(定休日:無し)

12月は1(金)7(木)12(火)21(木)26(火)31(日)を休業させていただきます。

営業時間
9:00〜21:00

※火・木(◎)は17:00まで、土(△)は16:00まで

  • ■ 当院は予約優先制です。
    初めての方は事前にご予約のうえご来院ください。